赤星憲広の「頭脳の盗塁術」を読んだ感想

 
「頭脳の盗塁術 : 走りのプロの技術・戦略&バッテリーとの心理戦対策」を読んだので感想。

 

著者は元阪神タイガース赤星憲広。入団1年目から盗塁王のタイトルを獲得するなど9年間の現役生活で歴代9位タイとなる通算381個の盗塁記録を残した盗塁のスペシャリスト。

本書の内容としては、2013年に出版された「頭で走る盗塁論」がベースになっているようで、そこに解説者経験や近年の野球事情などを加味した上で大幅な加筆修正を行い、更に盗塁成功率.873で通算トップとなる日本ハムの現役プレーヤー西川遥輝との対談を加えたものになっています。

 

○読んだきっかけ

そもそも私自身が野球の中でも特に盗塁論に対してかなり関心がある方です。それは野球経験がある中でも、とりわけ走塁に関する意識が高く、自身が走る能力に長けていたからこそ「どのようにして次の塁を陥れるか」を常々考えていたからだと思います(一番物珍しいのだと打者が三振に倒れてピッチャーがロージンに手をやりサードが外野に向けて声掛けてる間に三盗仕掛けたほど、成功して次の打者のヒットで得点しました)。

そういうこともあり、過去には読売巨人ジャイアンツで活躍した鈴木尚広の著書も読みましたが、それは代走という役割に至るまでの経緯やそのプロ意識の高さにスポットを当てたもので、当時は彼がまだ現役選手であったこともあり細かい技術論についてはあまり触れられていませんでした。

ただ、今回の著書に関しては「既に現役を引退した選手が」「野球解説という他人に伝わるよう思考を言語化する仕事を経た上で」「盗塁の技術論について書いている」という内容だと、数ページ立ち読みして分かったのでそのまま手に取りました。

 

 

○盗塁論基礎

そもそもの話だが、ピッチャーが普通に投球してキャッチャーが二塁に送球するまでの時間と俊足である著者がセカンドベースに到達するまでの時間はほぼ同じ……なので普通にやると五分の勝負にしかならない。それを有利な勝負にするためには「投球開始より早くスタートする」「相手が普通の盗塁処理動作をできない(例えば変化球を投げるなどボールの到達や捕球からの送球に時間がかかりやすい)タイミングで企図する」のどちらかしかない。

上記2つを実行するためには、ひたすら相手を研究するしかない。もちろん「スタート・スピード・スライディング」の盗塁に必要な3S要素も重要ではあるが、その前に走る勇気(自信を持ってスタートする心)が重要であり、その勇気を裏付けるのは相手を研究して傾向と対策を得る準備に他ならない。

 

○所感

まず書籍として読みやすかったです。感覚的な表現は少なく、細かく書く場合も具体例を挙げてアプローチの方法が述べられていたので読み手として納得感がありました。

個人的に知見として大きかったことは2つあります。まず1つ目が「捕手の癖を探ること」です。盗塁でいいスタートを切るために癖や配球パターンの研究は先述の通り重要ですが、その際に投手の癖ではなくて捕手の癖を見るという考え方が私にはありませんでした。例えば、コースや球種によってミットを構える位置や姿勢が微妙に変わってしまう場合があるらしく、投手ほど癖を意識しないことからも得られる情報がありそうです。

もう1つは「3割打てるから60盗塁できる、ではなく60盗塁できるから3割打てる」の考え方。盗塁の成功率を高めようと思うと先述のような研究を重ねることになり、その過程で配球パターンや観察力が磨かれて打撃にもそれを活かすことができます。もちろん打撃に留まらず守備も同様で、「試合に出て出塁するから盗塁できる」という考え方とニワトリ卵問題ではありますが、一つの考え方としてなるほどと思いました。

 

○ワンランク上の盗塁論

盗塁の極意と言うと「癖を盗めるかどうか」の1か0かの世界を想像しがちで、当然そのための研究が重要なことは説いてますが、それ以外にもほんの僅かでも時間を引き伸ばしたり成功率を高めるために意識できることが他にもたくさんあります。

まずは単純に「スタートを切ってから盗塁をやめる」ことです。当たり前ですが、盗塁は失敗したときのリスクが高い戦術なので、スタートを切った段階で間に合わないと思ったら盗塁はやめるべきです。この判断と技術が揃えば「走れると思ったときだけ走る」ので高い成功率を維持することができます。

次に興味深かったのは「二塁手がベースカバーに入るタイミングを狙う」ことです。二塁へのカバーは二塁手と遊撃手両方入る可能性がありますが、遊撃手の方がランナーが視野に入ることや捕球位置からのタッチがスムーズなことから二塁手が入る場合を狙う方が僅かながらタイムロスが生まれやすいです。

付随してスライディングの位置。キャッチャーからの送球を待ち受ける野手はその送球位置にグラブを合わせて捕球を待つことが多くなるので、それに合わせてベースの左右どちら側を狙って滑るかでタッチまでの時間を多少遅らせることができます。因みに、スライディングの脚は送球が顔面にぶつからないよう左足を伸ばす形が推奨とありましたが、個人的には右足を伸ばす方が次の走塁に移りやすい気がします。

あとリードの際に、一塁の前後どちらに立つかを変えることで遠近法によって投手から見たリード幅が変わるというトリックプレーの話。これは私も考えたことがありつつ効果があるのか試せないままでしたが、実際にはリードが1.5歩分違うことが見抜かれなかったようで、奥義(?)として重要な場面で使えたという話も面白かったです。

 

○盗塁の練習方法

これは本書にはあまり記載がありません。というより生きた投球を打ち返すのが良い打撃練習であるように、走塁も実戦の中で養っていくのがベストとしていますが、実際にそれを行うのは難しいと思います。

なぜなら、打てるか打てないの打撃と違って走塁には「走るか走らないか」が前段にあるからです。盗塁はリスキーな戦術である故にノーサインで走っていい選手というのは限られてきます。そうでない選手が盗塁する場面というのは基本的に「次で走れ」のサインが出た場合のみで、そうなると頑張って走る以外に方法はありません。この自由に企図できるを経験しているかどうかで選手の盗塁への関心度が大きく変わるように感じています。自由に企図していいということは成否の責任はランナー自身にあるため、成功率を上げるために自ら試行錯誤をする必要があります。そして、失敗の経験を糧として技術を向上させていくことができる……のですが、多くの選手はこのサイクルを経験できません。

また、癖やパターンの研究は何度も同じ相手と対戦するプロならではの話であり、アマチュアにおいては対戦相手の情報が少ないです。それ以前にバッテリーの普通の盗塁処理の練度も高くないので、脚が速いランナーなら投球動作に合わせてスタートを切るだけで何の工夫もなく悠々セーフになることも多いです。そういった点も踏まえて現状アマチュアでは盗塁成功率を高めるための練習がされていないように思いました。

なので、まずは脚の速さに関係なく盗塁を企図するような習慣を作ること、そのためには走塁ミスや失敗を咎めないようなチームとしての方針作りが重要になると思いました。試合ではご法度ですが、そのための練習ですからね(余談ですが、アマチュアにおける練習試合の多くはただ普通にベストメンバーで固めて試合をしているだけで、そういった何かを試す場としての活用がほとんどないことは長年疑問だったりします)。

 

○まとめ

「盗塁は頭で走るもの」という通り、ただスピードと感覚に任せるだけでなく、事前に綿密な研究をして傾向とパターンを叩き込んだ上で走れるときに走っていたというのがよく分かる内容になっていました。野球自体が考える側面が強いスポーツであり、ちゃんと考えたひとが結果を残していて、そのアプローチを共有していただけるのは非常に嬉しい限りですね。

昨今は投高打低な傾向にあり、その時代で勝つためには攻撃の戦略として走塁の重要性にスポットが当たる可能性は高いと思います。試合に出たら全員行うことなのに、どうしても脚が速いプレーヤーの間でしか意識が持たれないことが多いので、もっと走塁意識に着目される日が来ることを期待してしまいますし今後が楽しみです。